ブログ駆動開発におけるブログの構成とSNSの運用について:仮

2020年7月13日

ブログ駆動開発をするときに、カテゴリや記事の構成の例を出す。またSNSとの関連についても検討する

ブログ駆動開発のブログ構成

ブログ構成は以下になります

  • カテゴリ:開発案件ごとに作成
  • タスク記事:作業ごとに記事を作成し作業内容を追記していく
  • 技術Tips記事:技術的に詰まったポイントの解決方法を書く

カテゴリ

開発内容が決まったら、ブログに専用のカテゴリを作成します。開発要件ごとにカテゴリを切るのは、後日、関連するタスクを一覧で見られるようにするためです。

最初はカテゴリー分け切に進めていってもいいのですが、開発案件が増えて行くと、どのタスクが今の開発している要件に関係してるのかわかりにくくなります

タスク記事を更新していくスタイルを取り入れているので、開発関係するタスクがわからないと不便なので、タスク記事をカテゴリに入れておきます

タスク記事

タスク記事が作業チケットになります。最初から完成した記事を目指さずに、作業したら内容を追記して行く方法で記事を更新していきます。

タスク記事の中には複数の作業の結果が書かれることになると思うんですけど、作業事に見出しを作成して作業内容の詳細を記載していきます。

作業を進めていくと、記事のボリュームが大きくなっていくので、それぞれの作業ごとにチケットを切り出して元のタスク記事からリンクを送る形に変更していきます

技術的なTips記事

タスクを進めていくにあたって、技術的な課題が発生することが多いです。技術的な課題にぶち当たったときには、解決方法を記事して、タスク記事からリンクを貼っておきます。

また、同じ課題に取り組んでいる人の回答をブログで公開することで、技術ブログとしての価値を高めてくれると思っています。

技術ブログを頻繁に解決していくと思うんですけど、それらのブログは誰かが悩んで解決に至った記事でもあるので、同じように自分が悩んで解決に至った内容は、これからその技術を利用する人のためにも、記事として残しておきましょう。