ブログ駆動開発を体系化する試みについて

2020年7月13日

ブログを書きながら開発を進めていく、ブログ駆動開発(BDD)という開発手法が有ります。かなり昔から、個人開発を中心に実践されている方がいる様です。

ブログ書きながら開発は僕もやっていて、誰でも思いつくようなものなので、既に体系化された情報があるのかなと思ったんですけど、ブログ駆動開発について調べてみても、体系化された情報は見つからなかったです。そこで、自分なりに手順を確立していきたいと考えました。

ブログ駆動開発をまとめる理由

ブログ駆動開発とは、ブログを書きながら開発を進めていく開発手法です。

明確な文献はありませんが、ブログの情報などをたどっていくとかなり昔から行われている開発手法ではあるようです。

https://blog.ruedap.com/2011/04/15/bdd-blog-driven-development-100-days

https://shgam.hatenadiary.jp/entry/2014/01/01/171540

ただ、明確的な手順は存在しておらず、それぞれが思い思いにやっている部分があります。個人レベルで行われている開発手法ですし、正解はないと思っているので、個人がやり易いように進めれば良いと思います。

ただ、これから始める自分としては、ベースとなる情報があっても良いだろうと考えたので、自分なりに体系化しておこう、と言うのがブログ駆動開発をまとめる理由です。

ブログ駆動開発の概要

ひとことでブログ駆動開発と言っても、やり方は人それぞれ

軽く調べただけでも、これだけのパターンがありました。これにとどまらず、ブログを書きながらソフト開発をしてる人が結構多くいます。

ブログとソフト開発の両方を進めている人にオススメする声は強いです。開発ペース、サービス告知、ブログからの収入など、個人開発者がブログを書くメリットはかなり多いようです。

※参照先のリンクを入れたいところですが、すみません、どこで見かけたのか分からなくて、リンクできてないです

ブログ駆動開発に関する課題

ブログ駆動開発についても、いくつか解決していかなくてはならない課題があると考えています。

ブログ記事が下書きで溜まり続ける問題

ブログ駆動開発を意識して、ブログを書きながら進めてみたけど、ブログの下書きが沢山溜まって、公開まで持っていけない。という課題があります。実際にやってみると、記事の区切りが難しく、下書きで止まってしまう記事は多いです。

ブログの下書きばかりになってしまう原因の1つとして、ブログ記事を完全な状態に仕上げてから公開しないといけないと言う認識があるからだと思います。

これについては、最初から完璧なものを目指さずに、何度もリライトを繰り返すことで、完成度を高めていく。ソフトウェア開発のようにイテレーションを用いてブログ記事を書いていくことで改善できる見込みがあると考えています。

ブログ駆動開発の体系化で実証実験

ブロック等開発を体系化するにあたって、実験台として今まさにやろうとしている、「ブログ駆動開発の体系化」をネタにしようと考えています。

ブログ駆動開発の体系化をネタに、ブログ駆動開発をまとめていこうと言う考えです。わかりにくくてすいません。