Googleドキュメントで書いた記事をWordPressにアップロードする手順

Googleドキュメントで書いた記事をWordpressにアップロードする方法を記載します。Googleドキュメントに添付した画像もアップロードできるのでかなり便利です。

準備

Jetpackインストール

自分のWordpressに、Jetpackプラグインをインストールします。

「プラグイン」→「新規追加」

キーワードに「Jetpack」と入力し、「Jetpack」プラグインの「今すぐインストール」ボタンをクリック

インストールが終わると、「有効化」に変わるのでクリックして有効化する。

有効化すると、「Jetpack プラグインと Luxeritas テーマの OGP の機能が競合しています。」との表示。気になるが後で対応することにして先に進みます。

「Jetpackを設定」ボタンを押す

自分は他のサイトでも導入しているので余計な手間が無く、「承認する」を押すだけです。初めて導入する場合は、流れに沿って手続きを進めて下さい。

料金プランの画面に遷移しますが、スクロールしていくと無料もあるので無料プランを選びます。

Jetpack プラグインと Luxeritas テーマの OGP の機能が競合を解消

先ほど表示された、「Jetpack プラグインと Luxeritas テーマの OGP の機能が競合しています。」との表示ですが、Twitterカードで表示が上手く行かなくなるようです。Jetpackの機能を無効にして、Luxeritasテーマに絞ります。

「Jetpack > 設定 > 執筆」を選択、以下の機能をオフにします。僕がインストールしたバージョンではデフォルトオフでした。

Googleドキュメントにアドオンを追加

自分のGoogleドキュメントに、「WordPress.com for Google Docs」のアドオンを追加します。

まずは、Googleドキュメントのアドオンサイトにてアドオンをインストールします。

アプリ承認のダイアログが表示されるので、「続行」を押す

Googleアカウントへのアクセスを求められるので、許可します。
なお、複数のGoogleアカウントを使用している場合は、デフォルトアカウントで動作します。
僕はここで上手く動かずにはまったので注意してください。

Googleドキュメントのメニューバーにあるアドオンをクリック
「WordPress.com for Google Docs」の「右矢印」をクリック
「Open」をクリック

右側に「WordPress.com for Google Docs」エリアが表示されるので、「Add WordPress Site」ボタンをクリック。
複数登録してある場合は、こんな感じで出てきます。(ぼかしてますが)

Wordpewssにログインを求められるのですが、僕はすでに追加済みなので、次の登録画面に飛びます。
認証画面で、追加したいブログを選択して、「Approve」を押す

WordPressにログインを求められ得るので、ログインします。

ログインに成功すると、「WordPress.com for Google Docs」エリアに追加したブログが表示されます。
表示されない場合は、以下の手順で「WordPress.com for Google Docs」を開き直してください。
Googleドキュメントのメニューバーにあるアドオンをクリック
「WordPress.com for Google Docs」の「右矢印」をクリック
「Open」をクリック

GoogleドキュメントからWordpressに記事を投稿

GoogleドキュメントからWordpressに記事を投稿するには、「WordPress.com for Google Docs」エリアのサイト名の右側の「Save」ボタンをクリックするだけです。

GoogleドキュメントからWordpressにアップロードするときのポイント

  • ドキュメント名がタイトルになる
  • 添付されている画像もアップロードされる
  • 見出しはそのまま見出しになる
  • 下書きで投稿される

かなり便利なので、使ってみて下さい。