Kotlinコンパイラのインストール手順とVSCodeでKotlin実行環境を作る

きむら @bokukimura です。
paythonでUNEXTのスクレイピングができるようになったんですが、(結局、スクロースが出来なくてapiたたいてデータを取るようにしちゃいました。汗)

普段は、paythonをほとんど触らないので、開発効率が非常に悪い。。
という事で、サーバサイドは普段から使っているKotlinでやってみようかなって思って、環境を作っています。

ここでは、Kotlinビルドの環境構築手順をメモがてら記載します。なお、JDKの環境構築や、VSCodeの環境構築などは、すでにインストール済みなので省きます。

KotlinコンパイラをGithubからダウンロード

まずは、KotlinコンパイラをGithubのLatest Releaseをダウンロードします。

https://github.com/JetBrains/kotlin/releases/latest

この記事を書いている時点では、最新版は、Kotlin 1.3.61です。

Windows環境なので、kotlin-compiler-1.3.61.zipをダウンロードします。
ダウンロードした後は、解凍して任意のフォルダに配置します。
配置したフォルダは、javaにならって、C:\Program Files\kotlincとしました。
あわせて、追加したファイルを、環境変数に追加します。

Windows + r で「ファイル名を指定して開く」を表示させます。
sysdm.cplと入力します。
システムのプロパティーの詳細設定タブを選択し、環境変数ボタンを表示します。

環境変数が表示されたら、システム環境変数のPathを選択し、編集を押します。
環境変数名の編集のウィンドウが表示されるので、新規ボタンを押してKotlinのパスを追加します。
追加後はOKボタンを3回押して、システムのプロパティを抜けます。

環境変数にKotlinのパス追加したら、
Windows + rでファイル名を指定して実行を表示して、cmdと入力してコマンドプロンプトを表示します。

次のコマンドを入力してバージョンが表示されたらインストール完了っです。

c:>kotlinc -version
info: kotlinc-jvm 1.3.61 (JRE 1.8.0_161-b12)

VSCodeで、Kotlinの開発環境を構築

Kotlinのインストールが完了したら、VSCodeで、Kotlinの開発環境を構築していきます。

まず以下をインストールします。
Kotlin
Kotlin Language
Code Runner

次に、Hello.ktを作成して、コンパイルしてみます。


fun main(args: Array) {
println(“Hello Kotlin ! “)
}

次のコマンドでコンパイル。

$ kotlinc hello.kt

エラーが出なければ、Hellokt.classが作成されます。
実行して、次のように表示されればOKです。

$ kotlin HelloKt
Hello Kotlin !

Kotlin

Posted by きむら